87)Xiaomi Mi6購入&ROM焼き備忘録

公開日: : 携帯・スマートフォン

使用していた某中華スマホが故障してしまったため、急きょMi6(RAM4GB/ROM64GB)を購入しました。
ブルーを購入しましたが、メッキ色がやや安っぽさを感じさせます。
入手が困難のようですが、ホワイトか、あるいはブラックの方が良かったです。
どこで買うか迷いましたが、AliExpressではおなじみのHK(Hong Kong) Goldwayにしました。
正月にもかかわらず迅速な発送、そしてDHLで中国から発送され、翌日には到着という驚異的な速度で到着。
たまたまなのか、当たり前なのか、こんな速度で到着するのならばリピーターになってしまいそうです。

それはさておき、入っていたROMはXiaomiオリジナルのグローバル(安定板)ROM。
バージョンは記録していませんでしたが、MIUI9でした。
早速Miアカウントでログイン後、アンロック申請を行い、端末側(下図参照)でMi Unlockの「アカウントとデバイスを追加する」を押してみるも「86006」というエラーで設定できず。
ググってみるとこちらのサイトに詳しく書かれていましたので丸投げします。

手動アップデートという形で安定版(stable)からデベロッパー版(developer)に更新し、再度挑戦すると見事成功。
申請をしてからわずか数時間で許可が下り、72時間の待機の状態になりました。
72時間経過後、無事アンロック完了。

早速最新のeuROM(安定板)を焼いたのですが、ワイプの仕方が悪かったのか、zipをインストール後にOSが起動せず。
文鎮化させてしまったかと思い、twrpで行ったバックアップを復元するも起動せず。
ググってみるとこちらのサイトの5を参考にさせていただきました。
dataやsystemを全てワイプしたらうまくいきました。

ざっと使用した感想は、ハイエンド機らしく「ヌルサク」で、快適そのもの。
また、初めて指紋認証でのロック解除を設定しましたが、これもまた楽で良いですね。
電池の持ちは容量から察するにあまり期待していなかったのですが、待ち受けメインの使い方であればかなり省電力で、長持ちします。
最低でも1年、できれば2年は壊れないことを祈りたいです。

関連記事

56)中華スマートフォン「Innos D6000」簡易レビュー&root化

※2015/10/4一部追記あり ※使用経過についてはこちら。 先日、中華スマートフォン

記事を読む

89)【追記あり】Vernee製スマートフォン「Active」購入&簡易レビュー

結局あれからすぐに購入してしまいました。 久々の5.5インチスマホということで、それなりの大きさだ

記事を読む

88)Vernee製スマートフォン「Active」が気になったので

先日Xiaomi Mi6を購入したばかりですが、Vernee「Active」が気になってしまい、購入

記事を読む

no image

57)中華スマートフォン「Innos D6000 」使用経過

先日購入した「Innos D6000」の使用経過を書きたいと思います。 到着、使用開始から約4

記事を読む

no image

72)中華スマートフォン「LeEco Cool1 Dual」が気になったので

タイトルの通り、「LeEco Cool1 Dual」が気になり、購入するかはさておきチラ裏的な記事を

記事を読む

90)サンワサプライ製2.2ch小型スピーカー「400-SP018」購入

先日テレビを買い換えましたが、小型テレビの宿命とでも言うのでしょうか、

89)【追記あり】Vernee製スマートフォン「Active」購入&簡易レビュー

結局あれからすぐに購入してしまいました。 久々の5.5インチスマホと

88)Vernee製スマートフォン「Active」が気になったので

先日Xiaomi Mi6を購入したばかりですが、Vernee「Acti

87)Xiaomi Mi6購入&ROM焼き備忘録

使用していた某中華スマホが故障してしまったため、急きょMi6(RAM4

86)YARBOのUSB3.0ケーブルが手に入らない

YARBO製USB3.0ケーブル「FP-USB30-AB」の1.0mを

→もっと見る



  • Click Here



    PC・AV周辺機器が直輸入で激安 上海問屋

PAGE TOP ↑